女性誌ファン「MAGAZiiNA」

女性誌ファン「MAGAZiiNA」

ISBIT DAIKANYAMA Winter Collection 展示会レポート

フェミニン&ガーリーなスタイルで、毎シーズン楽しませてくれるISBIT DAIKANYAMA(アイズビット ダイカンヤマ)。2012 Winter Collectionも、とびきりキュートな新作がラインナップされていました。その現場をレポートします!



ISBIT DAIKANYAMAってどんなブランド?
“女神”を意味する“ISIS(アイシス)”と、“もう少し”を意味する“BIT(ビット)”の2つの言葉を組み合わせた“ISBIT”。現状に満足することなく、つねに向上心を持ち続けて行く、というコンセプトがこめられたブランド名のとおり、遊び心とトレンド感を絶妙にミックスさせて、いつも女のコをワクワクさせてくれるフェミニンなアイテムが人気です。
ISBIT guardian(アイズビット ガーディアン)、Wendine(ウェンディーネ)、SIERA LEONEE(シエラレオン)、IRIS Club(アイリスクラブ)の4つのブランドで構成されていて、non-noなどカジュアル誌を中心にViViなどにも取り上げられています。女優やモデルにもファンが多く、展示会場でも姿を見かけました。

“Change Me”がテーマのWendine
まずは、この秋でブランドデビュー5周年になるWendineから。Change Meがテーマの今シーズン。イチオシは、レースやフリルを使ったキュートな異素材ミックスワンピースや、ドット柄のワンピース。どちらもふんわりとしたフレアがガーリー気分を盛り上げます。また、デイリーに使えるペプラムコートにも注目。短めの丈やパフショルダーなど、ディテールにもこだわったアウターはぜひ欲しい!

ISBIT
ISBIT

スヌーピーの兄弟たちとコラボ!
今シーズンはスヌーピーの兄弟から、BELLEという女の子とOLAFという男の子とコラボ。味のあるプリントがされた切りっぱなしのフーデッドトップスは、遊びゴコロを加えたいときにぴったり!
ISBIT

カッコかわいいスタイルなら、SIERA LEONE
ロンドンっぽいテイストを取り入れた、今シーズンのSIERA LEONE。展示の様子もレコードが並べられていて、楽しい雰囲気です。
ISBIT

オーバーサイズでちょっとボーイッシュなアイテムに、ミニスカートという元気なコーデを提案。部分的にレザーを使ったり、スタッズを施したり、ちょっとハードなディテールもポイントです。またドットや花柄、ヒョウ柄、チェック柄など、プリントものが大充実。コーデを華やかにしてくれそう! 差し色で使えるネオンカラーのカーデにも注目。きれいな発色と短め丈のデザインで、トレンド感満載です。
ISBIT
ISBIT

ISBIT guardianは、テディベアがお出迎え
大小さまざまなテディベアがお迎えしてくれたのはISBIT Guardian。Winter Colloctionにぴったりの、クリスマスな雰囲気です。今シーズンもお得意のワンピースが大充実! カラーバリエも豊富なので、1枚持っているといろんなオケージョンで使えそう。また、やさしい色合いのざっくりニットや、この冬のトレンドアイテム、ペプラムデザインのトップスやブラウスもラインナップ。
ISBIT

大人かわいいアイテムがそろうIRIS Club
IRIS ClubのWinter Collectionは、ジャケットやセットアップのスタイルを提案。なかでもジャケットとベストがセットになったシリーズは、着回しもきいてオフィススタイルの強い味方になってくれそう。セットアップはツイード素材がオススメ。ベージュ系やピンク系のセットアップで、優しい雰囲気のコーデが完成します。
ISBIT

まだまだ今回紹介しきれなかったアイテムがたくさんのISBIT DAIKANYAMA。新しいアイテムは10月以降、続々店頭&ウェブショップに登場する予定なので、ぜひチェックしてみてください。

【ISBIT DAIKANYAMA Official Site&Web Shop】
http://isbit.jp/

【ISBIT DAIKANYAMA Official Blog】
http://ameblo.jp/isbit-diary/

【ISBIT DAIKANYAMA Official facebook】
http://www.facebook.com/pages/Isbit-Daikanyama-official/247011395364595

【ISBIT DAIKANYAMA OfficialTwitter】
https://twitter.com/ISBITDAIKANYAMA

Text: Satoko Kunie Composition: Magaziina

LEAVE A REPLY